TOP>左官職人とし…

その色彩は豊かで優しく、人の心を和ませる。

この美しい色土で創られた空間で過ごせたら、どんなに幸せだろうか。

日本人は大昔からそんな贅沢な空間で生まれ育ち、豊かな心を育んでいった。

そう、左官職人が手掛ける土壁は昔は当たり前の様な存在だったのだ。

しかし、土壁を扱える左官屋も時代の流れと共に減少し、いつしか家の壁は安値で扱いの楽なビニールクロスに押され、

土壁は時代に取り残されてしまう。

昔は壁を傷つけると怒られたものだが、同時に『物を大切にする心』も学ぶ事ができた。

最近は傷が付きにくいビニールクロスの壁が当たり前となり、その代償がシックハウスやアトピー等の問題を引き起こしたのではないだろうか。

また、何百年と当たり前のように住み継がれた家が、ビニールクロスやサイディング等によって空気を遮られ、壁から呼吸が出来ずに家そのものの寿命を大幅に縮める結果となったのではないだろうか。

土には調湿性もあり、防火性も素晴らしく、何より人の心を和ませる。

もちろん、土なのでリサイクルも100%可能で地球にも優しい。

「土壁は古臭い。」という意見も聞くが、古い概念に囚われず自由な発想で洗練された壁を提案させて頂きます。

私たちには確かな「技術」と「発想」があります。

そして伝統の技術と心を受け継ぎ、本物を残していきたいと思っております。