TOP2014>3月

左官の仕事~ 半田 撫で切り仕上

投稿日:03.09.2014|カテゴリー:Blog|コメント・トラックバック:0件

半田(ハンダ)とは、もともと 《 土佐漆喰 》 を施工する際に中塗りの行程として塗られていた材料(漆喰と土の割合が五分五分程度のモノ)の事 です。
これを仕上げとして漆喰に色土を配合した 【 半田 撫で切り仕上げ 】  が各地へ広まっていきました。

愛知県一宮市ではあまり聞いたことのない仕上かもしれませんが、土壁のような 優しい表情 と 土壁よりも 表面強度がある という事を併せ持っているのが特徴のとても魅力的な左官仕上げなんですよ。

漆喰と土を混ぜた仕上げに 《 大津壁 》  や 《 土入り漆喰 》  等がありますが、その違いは石灰の割合だと思ってください。

《 大津壁 》  とは、土壁に石灰を少し混入した材料を使った壁で、 《 土入り漆喰 》  は逆に漆喰に少量の色土で着色した材料を使った壁の事です。

【 半田 撫で切り仕上げ 】  は   “  土壁  ”  と  “  漆喰  ”  をだいたい半々にした材料  を塗り付け、追っかけで撫で上げる仕上げなので、鏝押さえの仕上げと違って    “ やんわり ”  とした表情   をしております。


土壁の欠点は表面強度が柔らかいという事ですが、この 半田 撫で切り仕上げ   ならば  表面が土壁よりも堅くて一般住宅の日常生活にも耐えられる耐久性がある  と私は思います。

もちろん自然素材なので、悪意を持ってほじくればボロボロになってしまいますが・・・

あくまでも塗り壁なので、クロスのように汚れに強い訳でもなく、 自然素材や塗り壁に理解の無い人ではこの仕上げを採用するのにはさすがに無理があるでしょう。

しかし、 自然素材の良さを理解して、癒しの空間を求めている人には最適な仕上げ でしょうね。

独特の “ やんわり”  とした優しい表情の壁は、 癒しの空間にはもってこいの仕上げ  だと思いますよ。

家に帰ると癒しの空間が待っていて、それに包まれながら就寝して翌朝を迎えるなんて贅沢ですね。

そんな優しい癒しの空間を演出する 【 半田 撫で切り仕上げ 】  ですが、以外と知らない人が多いみたいです。


もっと多くの人にこの仕上げを知ってもらい、住宅のリビングや寝室など、癒しを求める空間で多く採用されれば良いですね。

愛知県一宮市でもドンドン提案していきたいです。