TOP>左官の仕事~…

左官の仕事~ 鏝絵

投稿日:05.13.2015|カテゴリー:Blog|コメント・トラックバック:0件

鏝を使って絵画を描く工法があります。

それは左官の技術を芸術にまで高めた技法と言えるでしょう。


土蔵の戸前部分に漆喰でレリーフが施されているのを見たことがないでしょうか?

これは  土蔵の仕事をした左官職人が、仕事をさせていただいたお礼に感謝を込めて作っていた  そうです。

漆喰に鏝を使って描くこの技法は繊細で美しく、見る人を魅了するモノも少なくありません。

このレリーフ状に描かれたようなモノこそ、  【 鏝絵 】  であります。



写真は新潟県のサフラン酒造です。

他にも静岡県には、左官の神様と呼ばれる伊豆の長八こと、 《 入江 長八 》 は鏝絵の名工として有名ですよね。

彼の作品は静岡県松崎町に今も数多く残っており、彼の功績を称えて建てられた 《 長八美術館 》  などでも見ることが出来ます。

その素晴らしさは見るもの全てを魅了しますよ。

私も若い頃に行ったっきりなので、今度はじっくり見たいと思っております。


静岡県松崎町では、漆喰を使った鏝絵のコンクールも開催しているようです。

入賞作品は長八美術館で展示される  みたいですよ。

もし、 「 我こそは・・・ 」  と思われたら、参加してみるのも面白いかもしれませんね。

このような活動が 【 鏝絵 】 、そして  漆喰 の地位向上に繋がっていくと思いますので、どんどん盛り上がっていけば良いですね。


私の兄弟子にも趣味で鏝絵を制作している人がおります。

これは従来のレリーフ状で作られた鏝絵とは一線を画する存在感があるのですが、ご自身で研究して自己流で技法を確立されたそうです。

この限りなくリアルに近い作品は、 鏝絵を越えた漆喰芸術 であると言っても過言ではないでしょう。

多くの人達に見てもらいたいので写真をUPしますね。





W氏から  「 お前になら教えてやるから、また高山に戻って来い! 」  と誘っていただいておりますが、なかなか赴くことが出来ておりません。いつか、私自身が本当の意味でやる気になった時、門を叩いてみようかと思っております。

モノになるか自信がありませんが・・・


何はともあれ、 【 鏝絵 】 という芸術が多くの人達の目に留まれば、漆喰や左官も見直されるかもしれませんね。








コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。