TOP>左官の仕事~…

左官の仕事~ 石膏型抜き

投稿日:03.21.2015|カテゴリー:Blog|コメント・トラックバック:0件

ヨーロッパにある古い建築物は装飾が凄いですよね。

石で彫刻をされたモノも多いのですが、中には左官工法で仕上げられたモノもあるのですよ。

その左官工法のひとつが    【 石膏型抜き 】 です。


市政資料館の天井飾り(名古屋)




石膏型抜き とは、 型に石膏を流し込んで出来上がったモノ の事です。

これを壁や天井に張り付けて装飾するのですが、これは左官技法と言うよりは芸術の類と言えるでしょう。



ヨーロッパの建築物は内壁全てにド派手な装飾が施され、天井一面にはフレスコ画が描かれたモノなどを写真で良く見かけます。

これはこれでヨーロッパらしく素敵なのですが、日本人には 『 派手すぎず、さり気ない美しさ 』 のほうが合っているかもしれません。

日本で見られる洋館などは、どちらかというとシンプルで綺麗にまとめられている印象ですね。

なかには ド派手はモノもありますが・・・



私自身は施工経験がないのですが、経験者から聞いた話や文献で調べた情報を元に 【 石膏型抜き 】 の施工法を書き記します。




1.   油土(油粘土)で装飾物の原型を作る


2.   箱の中に油土で作った原型を入れる


3.   寒天(もしくはシリコン)を流し込む


4.   寒天が固まったら、油土で作った原型を取り出す


5.   細部を修正して母型の完成


6.   母型に石膏を流し込む


7.   石膏が硬化したら取り出す


8.   裏面に糊の濃い漆喰を塗り付け、壁や天井に張り付ける


9.   細かい部分を整形する




以上です。


カリスマ左官の久住章さんは  漆喰で型抜き  をされたことがあるそうです。

石膏よりも漆喰のほうが柔らかいので、 「  貼り付ける時に融通が利く  」 と仰っておりました。

全国的には石膏を使ったモノのほうが多そうですが・・・



何にせよ  【 石膏型抜き 】 は左官彫刻に欠かせない技術です。

《  漆喰蛇腹  》 と組み合わせると、とても素敵な空間を演出できると思いますよ。

愛知県一宮市のほうでも、ドンドン提案していきたいです。









コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。