TOP>古民家での講…

古民家での講演

投稿日:06.19.2018|カテゴリー:Blog|コメント・トラックバック:0件

JIA(日本建築家協会東海支部愛知地域会事業委員会)という建築士グループからの依頼で、名古屋市昭和区の古民家で講演を行いました。

参加者は殆どが建築士で、定員20名のところ応募者多数の為に定員を25人に増やしたのですが、まだキャンセル待ちが出たほどです。

やはり、カタログで仕上げを選ぶ事に辟易して、オンリーワンの仕上げを欲している建築士たちは多いのでしょう。

その流れで、左官職人による手作業で創り上げていく仕上げに関心を寄せてくれるのは、非常に嬉しいことであります。

私としても塗り壁の良さを目一杯アピールしたい。

そんな気持ちで臨まさせていただきました。


今回は建築士集団の皆様に左官をアピールできる良い機会だったので、いつも以上に気合いが入っていたのかもしれません。

左官鏝や塗り壁見本の展示、講演、実演、体験、塗り壁仕上げの説明の後は、塗り壁に対する要望や疑問を付箋に書いてもらい、展示してあった塗り壁見本に貼り付けてもらいました。

今回、左官目線じゃなく建築士目線の考えも聞けて、私としても勉強になって良かったです。

左官と建築士が歩み寄れば、今まで以上に素晴らしい物を創り上げていける可能性を感じました。

このような機会をいただき、関係者の皆様には感謝の言葉しかありません。

本当にありがとうございました。

これを機会に左官の塗り壁が見直されていけば嬉しいですね。

私も愛知県一宮市、名古屋市、岐阜県周辺で左官が仕上げる塗り壁を広めていきたいです。










コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。